話し方教室KEE'S KEE'S 人気アナウンサーの6時間で変わる話し方教室・話し方講座(東京駅・恵比寿駅 徒歩1分)
コラムトップ > 話し方 > 話し方教室 KEE’S  口の開け方で話し方の印象がガラリと変わる

話し方教室 KEE’S  口の開け方で話し方の印象がガラリと変わる

一般の日本人は表情筋の1割しか使っていないといわれています。

3割使っているといわれる欧米人から見ると、日本人の話し方は、口を動かさず、口の中だけで話している【腹話術】のように見えるそうです。

表情を作ったり、話をするときにも、顔の筋肉が必要です。 特に、口を開けるための口の周りの筋肉や唇の筋肉、表情を作るための、おでこや目の周りの筋肉は特に重要です。

これらの筋肉を使わずに話していると、次のようなデメリットが生じます。

口を開けずに話すことで起こる2つのデメリット

1 表情がなくなる

口を動かさずに話すクセをつけると、次第に口角筋がおとろえ、笑顔を作りたいのに、
口角がしっかりあがらなくなってしまいます。

知らない間に無表情になるのに加え、話すときにも口の周りの筋肉が動かせなくなってしまい、 口の中で話すしかなくなります。無表情で、ボソボソモゴモゴとこもった声で話していると、 相手に不快感を与えてしまいます。

2 音の印象が暗くなる

『おはようございます』 を口を半開きにして言ってみてください。

次に、上の歯一列をみせるぐらいあける笑顔の口で『おはようございます』と言ってみてください 。印象が違うのが分かりますか?

顔とおなじように、声にも表情があります。

口を開けていると、印象の良い明るいさわやかな音が、口を開けていないと、暗い印象の声が出ます。 布団をかぶって話すと音がこもるのと同じで、口をはっきり開けないと上の歯に唇がかぶさり、 音が口の中でこもってしまいます。

見た目の印象も音の印象も、明るく若々しくするには、笑顔の口を定位置に話すことを心がけましょう!

弊社では、マンツーマンレッスン・グループレッスン・1DAY講座等、様々なレッスンを展開しております。 詳しくは、下記にご連絡ください♪
https://www.kees-net.com/contact/

お待ちしております。

KEE’S代表 エグゼクティブスピーチトレーナー 野村絵理奈

KEE'S 6時間ベーシックSPEECHコース

人気アナウンサーの6時間で変わる話し方教室・話し方講座  www.kees-net.com