話し方教室KEE'S KEE'S 人気アナウンサーの6時間で変わる話し方教室・話し方講座(東京駅・恵比寿駅 徒歩1分)
コラムトップ > スピーチのお悩み > 話し方教室 KEE’S 話し方の外見で、聴き手を魅了する

話し方教室 KEE’S 話し方の外見で、聴き手を魅了する

冒頭の3秒で仲良くなる

緊張の好循環をつくり出す

 

ふつうの人間は人前に出ると緊張する。自分の身が危ういと感じると、心も体も緊張状態を作り出す。

 

 

 

声を会場の後ろまで飛ばす

 

斜め45度で

キャッチボールをするような軌道で

一番後ろの壁にぶつけるつもりで

 

NG

資料を見る(エネルギーを資料にすいとられる)

前列の人にしか届かない(スケールの小さいキャッチボール)

ボソボソ恥ずかしそうにつぶやく(ひとりごと)

 

 

キレのある発音をする

 

発音しにくい音

 

ら行

さ行

か行

ま行

は行

 

音の特徴をしっかりと出すつもりでキレのある発音をする

 

 

 

会場を広く使う

 

ステージを自由に動き回る。体全体で訴えかける。ジェスチャーを使う

意見をもとめたり、話を振ったり、聴き手を巻き込む=会場全体の一体感、リラックス感

周りを巻き込む話しかた=スケールを感じさせる、仕事に関しても信頼できる、

 

 

目線を安定させる

目線の乱れパターン

 

動揺した動作を封印する

 

ジェスチャーで魅せる

 

立ち居振る舞いにケジメをつける

 

立ち居振る舞いにおいて仕事が出来るイメージ、信頼できるイメージとは

OK

テキパキと手際がよい

スマートな身のこなし

ムダのない動作

キレがある

 

NG

動作が遅い

ギクシャクした身のこなし

ムダの多い動作

キレがない

 

OKのような、テキパキとムダがなく、スマートでキレのある立ち居振る舞いをするには、まずは、緊張によって起きる動作の乱れを防ぐこと。それと、ひとつの動作1目的として、動作を区切るとスマートに見える。例えば、イスから立ち上がりながら資料を差し出す×話をしながら、着席する×かばんを手に持ったまま名刺を渡す×

こういった、1つの動作に2つ以上の目的があると、動作にケジメがなくだらしなく見える。

 

イスからすっと立ち上がってから資料を持ち、差し出す。

着席して、一息ついてから話し出す

かばんを置いてから、姿勢を直し名刺を差し出す

 

 

話し方教室KEE’Sでは、
マンツーマンレッスン・グループレッスン・1DAY講座等
様々なレッスンを展開しております

詳しくは、下記にご連絡ください♪
https://www.kees-net.com/contact/

1日でKEE’Sの6時間メゾットを習得されたい方は
■8月30日(日)1日集中スピーチマスターに
ご参加下さい♪

https://www.kees-net.com/personal/#master

お申込みお待ちしております。

KEE’S代表 エグゼクティブスピーチトレーナー 野村絵理奈

人気アナウンサーの6時間で変わる話し方教室・話し方講座  www.kees-net.com